甘城ブリリアントパーク6巻が4月に発売

違法動画サイトは見るな!見逃したアニメを公式サイトで無料視聴する裏技

甘城ブリリアントパークの新刊が4月18日に発売されますね。6巻です。

甘城ブリリアントパークといえば、京アニのアニメがなかなか面白かった記憶がありますよ。

賀東招二さんはフルメタルパニックふもっふでクオリティの高いギャグ小説を書ける人だなあと思っていましたが、最近は全然書いているイメージがなかったので、才能がかれちゃったのかと寂しい思いをしました。

でも、甘城ブリリアントパークでは相変わらず面白いギャグを書いていたので、枯れていない枯れていないと安堵した記憶があります。

なかでも面白かったのがティラミーとマロロンですね。ゲスコットといわれているあいつらです。表面上は可愛く振舞っているのに、中身は生々しいおっさんだというギャップが面白い。

ギャップを作るのは王道すぎてやり過ぎたらあざとい感じですが、ティラミーとマロロンに関しては面白く見ることが出来ました。あそこまで突っ切っていたら文句はないよね。

アニメではあれでもゲスさを抑えたらしいですね。恐ろしい話です。原作では大麻を扱ったネタが出てきたみたいな話を聞いたことがあります。さすがは賀東招二。ぶっとんでるぜ。

恐らく担当編集に表現をやわらかくするよう何度も求められたんでしょうね。最近はおっさんでもラノベを購入したりするものですが、一応は中高生向きのものですからね。あまりにもひどいネタを詰め込めないのでしょう。

まぁ、そこら辺の配慮なんてどうでもいいとは思いますが。

一般小説なんかワンナイトラブやら不倫やら猟奇殺人やら、そういったげすい内容を文学だともてはやしていたりしますからね。

ちょっとぐらい不謹慎な表現があったからなんだというのか。免疫がついてちょうどいいではないか。無菌室で育てた子供を社会に放り出したらどういうことになるのか言うまでもないでしょう。配慮なんて本当は必要ないのです。

話はそれましたが、甘城ブリリアントパークの6巻が発売されます。予約するなら速めにしておいた方がいいでしょう。

知らないと損する!フィギュアを高く売りたいときに欠かせないサービス

違法動画サイトは見るな!見逃したアニメを公式サイトで無料視聴する裏技

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ