「神撃のバハムートGENESIS」11話感想

違法動画サイトは見るな!見逃したアニメを公式サイトで無料視聴する裏技

WS000001

とらわれのカイザル

WS000002

悪い顔である。かっこいい。

WS000003

アザゼルさんくつろぎすぎぃ

WS000004

体は子供、頭脳は大人。リタさんが有能すぎる。

WS000005

でも、足癖は悪い。

WS000006

「どうずる必要はない。我らが結界を維持している限り、鍵がバハムートと接触することはない」

それって根本的な解決になってないですよね。その場しのぎをこのままずっと続けるって事ですか?ヤダー。

WS000007

堕天使ジャンヌ。それもこれもちゃんとケアしなかったせいだ。人間は堕落しやすいのだからこまめなケア大事。

???「放置プレイしたっていいじゃない。天使だもの。」

WS000008

動けない状態の天使を切りまくるジャンヌ様。もはや騎士道精神のかけらもない。神を倒せる剣が大活躍。

結局、人間心理を細かく推察してこなかった天使たちに落ち度がありますね。その点、悪魔は人間をよく理解して細かく策略をめぐらせていました。

ここにきて人間たちを餌さえやれば動く駒とみなしてきた天使たちの傲慢が出てしまったようです。

WS000010

カイザルさんしぶとい!

WS000009

いてててて。

Qなんで手の肉をごっそり持っていかれないの?

Aア、アニメやから(震え声)

しかし、この重装備でよくつかまってられるな。握力すごい。

さすがカイザル、現代のもやしっ子たちとは鍛え方が違う!

WS000013

ファバロは本当に悪魔になってしまったのか?

背中の剣を写す辺り、憎い演出ですね。

WS000015

リタさんの心配そうな顔がいいね。ナイスキャッチ!

定員オーバーだって?

アザゼルを捨てよう(提案)

WS000016

バッカス「目があっちまった」

親父狩りの始まりだ。

WS000017

!?

バッカス意外と強いじゃん!

WS000018

太るのかよ?

WS000019

お笑い担当なのにかっこつけてやがる。前回、馬車に惹かれて無様な姿を全世界にさらしたのを忘れたか。

WS000020

「このままじゃ私たちの勝ち逃げになるだろ」

WS000021

「人間ごときが勝った気になるなよ」

人間に煽られるアザゼルさん。悪魔かたなしである。

WS000022

「またかー!」

何回落ちるんだよ。

WS000023

「気が変わった。お前たちは俺の手でけりをつけてやる」

ベジータかっ!

しかし、かつての敵が味方になるという展開は熱いね。胸キュンである。

WS000024

太ったアヒルに乗って戦うバッカスさん。

「こりゃ明日は筋肉痛だぜ」

余裕あるじゃんバッカスさん。しかし、シュールすぎるギャグなのかシリアスなのかハッキリしないシーンだね。

WS000025

WS000026

WS000027

WS000028

WS000029

WS000030

リタさんの絶妙な解毒剤投げもアヒルガードに阻まれる。

WS000031

「決めたわ。最後の晩餐はアヒルのオリーブ焼きよ」

そりゃそうなるわな。

WS000032

ズキュウウン!

WS000034

「許せ、乙女よ」

ミカエル様マジ天使!

WS000035

「ジャンヌ、あなたは神に祝福された乙女。そして、人々を導く者」

せんせー、ジャンヌさんさっきチッスしてたから乙女じゃありませーん!

WS000036

馬車ごと突っ込むことを提案するリタさん。ワイルドだろお。

意外と物騒な考え方をする子やね。

WS000037

アザゼル対ベルゼビュート。かつての敵が仲間になったら弱体化するパターンに入りました。これは負ける(確信)

WS000038

男女平等キック!

これはBPOから苦情が来ますわ。

WS000039

最後にこの二人の対決はあると思ったけど、ちょっと悲しすぎるよね。

ためらわずに仕留めるのがいいね。さすがにここで「駄目だ、俺にはできない」みたいなことをやられるのはもう食傷気味。

ここらへんは実戦経験からくる冷徹な判断なのだろうね。

わりとあっさり決着しちゃったけど、不自然ではない。もともとファバロは機転と駆け引きで戦うタイプ。単純な技量に関してはカイザルの方が上っぽいし、悪魔化して頭を使えなくなったらこうなるわな。

悪魔化して弱体化するというのもなかなか皮肉な話である。普通、悪魔化というのは力を求めてなるものだろうし。

父親も悪魔で失い、自身も悪魔関係で死ぬ。悪魔に翻弄された人生でした。

WS000040

お母さん登場。でも、タイミングがよすぎない?

いちいち怪しいおっさんだね。

「もう大丈夫だ」→大丈夫じゃない

WS000041

カイザルは四度落ちる。

「何かを望む心は人を強くする」

この人も何かを望み強くなり、そして人として大事な部分を捨ててしまったのだろうか?

WS000043

ケルベロスさんが上機嫌で何よりですね。

WS000042

アザゼルさん、尺的に秒殺かと思いきや意外とがんばっているよね。油断しなければ強キャラなんですね。

WS000044

「その強い心が折れる音は何よりも心地いい」

母さん性格悪すぎぃぃぃ。

どうしようもない現実に叩きのめされて暗黒面に落ちてしまったかわいそうな人だと思っていたら、ただのゲス野郎じゃねーか!

ファバロは悪魔に堕ち、カイザルは物理的に落ちた回でした。

脚本家と演出家の技量が半端ない。

アザゼルの説明を聞きながらもリタが解毒剤を作っているところとか、状況説明と伏線張りを同時にこなしている。いきなり解毒剤を出したりしたら唐突過ぎるもんね。

色々な展開がありつつも詰め込み感がない。

  • ジャンヌに天使を倒されてバハムート復活が近づく
  • アザゼルがカイザルを助ける
  • アヒル激太り
  • バッカス対ジャンヌ
  • リタの多段ロケット式解毒剤投擲
  • ジャンヌ正気に戻る
  • ミカエル消滅
  • ファバロ対カイザル
  • カイザル落ちまくり
  • アザゼル対ベルゼビュート
  • 母さん正体を現す

ざっと思い返しただけでこれだけの見せ場や笑いどころがありました。これはよほどの腕がないとまとめきれないで。キャラも立っていたし、本当にすごい。ここまで濃密なアニメってなかなかないんじゃないだろうか。

途中でつまらなくならないかとハラハラしながら見なくていいのはうれしいところです。

最終回もきちんと締めて欲しいね。

WS000045

ところで、予告でのおふざけを忘れてませんか?

知らないと損する!フィギュアを高く売りたいときに欠かせないサービス

違法動画サイトは見るな!見逃したアニメを公式サイトで無料視聴する裏技

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ