SHIROBAKO19話感想~宮森が答えを得た

違法動画サイトは見るな!見逃したアニメを公式サイトで無料視聴する裏技

WS000027

後輩二人を引っ張っている時とは比べ物にならないぐらい弱気ですね。

矢野エリカ様の前なら弱音を吐けるといったところでしょう。

WS000028

宮森の変顔コレクションがまた増えてしまいましたね。

WS000029

食べ物かと思ったけど、アロマキャンドルとはおしゃれですね。とりあえず、キャンドルは容器に入れなさい。その状態で寝たら火事になるかもしれないよ。

WS000031

自転車でもドリフト。やっぱり制作進行はドリフトぐらいできないとね。

それにしても一日寝れば復活というのは若くていいですね。

WS000033

矢野さんが職場にいるだけでこんなに安心感があるとはすごいよね。

矢野さん、そのまま平岡の野郎をしめちゃってくださいよ。

WS000034

「仕事を請け負った以上、請け負った仕事を完遂するのは企業として当然のことだ思います」

佐藤さんが正論過ぎる。正論なんだけど、そんなことを言っていたら現場は回らない。放送を落としたらムサニの信用問題にもつながりかねないしね。

訴訟して勝てたとしても取れる賠償金なんてたかが知れてるだろうし、失われた信用は帰ってこないのです。

常識が通用しない業界はつらいよね。

WS000035

「高梨さんって、一切建設的な発言しませんね」

安藤さんはっきり言うよね。これはいい新人だわ。

新人女子が強い現場はいい現場だ。

WS000036

「まぁ、ついでだし。いいよ」

「助かりますぅ~」

矢野さんなんか怖い。

へいへい、平岡びびってるぅぅ~。その後、平岡を見た者はいない。

矢野さんの声優さんうまいよね。表面上は朗らかなのに、怒っている感じが伝わってくる。

WS000037

すっぱい顔
少しリアルを誇張してコミカルに
でも美しさを崩さず
カワイサもありで

注文が難しいよ。

どんな美人でもすっぱい顔の時は顔が崩れるものでしょうに。

美少女がやってはいけない顔になってるよ。

WS000038

しかも、タイミングが悪すぎる。

なんとなく、幸腹グラフィティのすごさが分かったような気がしました。

WS000040

この空気いいね。元恋人同士と言われても納得するぐらいの関係性だよ。矢野さんだってそれなりに長くこの業界にいるんだから、そういったことの一つや二つあってもおかしくはないよね。

WS000041

「あいつまだこの業界に夢見てんだよ。俺なんて入って一年もたたずに夢覚めたけどな」

基本的にSHIROBAKOはファンタジー強めだけど、こういうところでほんのりリアルを出すのがうまいよね。ファンタジー過ぎても駄目だし、リアルすぎても駄目。バランスがうますぎる。

もしもこの二人が付き合って分かれたとしたのなら、アニメに夢を見ていたころの平岡が矢野さんは好きだったんだろうね。そして夢から覚めた平岡とは別れたと。

WS000042

矢野さんが強キャラすぎる。

この人があわてているのはエロ動画があるからかな。男の子は大変だよね。

WS000043

「旅に出たい気分。でも、お金ないからこうしてるんだ」

駄目親父だ。この親父、駄目親父だ。

WS000044

これ宝の山ではありませんか。好事家に売ればアニメ一本ぐらい作れるのではなかろうか。

目の前のトラブルを片付けるばかりで、時間をかけて名作を作ることができていないと悩む宮森。

SHIROBAKOは面白いと思うのですが。

それに昔のアニメだって面白くないのは多かったような。時の洗礼を受けて面白いものばかり残るから、全部面白かったように感じられるだけなのでは。

WS000045

宮森がガチでヤバイ!

ついにドーナッツなしでタイムスリップとか。

WS000046

杉江さんがイケメンすぎる。雰囲気残っているのが絶妙ですね。

WS000047

杉江さんの奥さんがかわいいんですが。

WS000048

大倉さんかー。歴戦の勇士が揃い踏みといったところではありませんか。

WS000049

やり直しだというのに、なんとなくうれしそうに言うのがいいですね。自分の仕事に打ち込んでいる感じがして、実にかっこいい。

WS000051

アニメキャラに世知辛いことしゃべらすなよ~。

たまに見る昔風のアニメというのも新鮮なものですね。

WS000052

「やりたいことをやり続けていた。そして、気がつくとこの年になっていた」

かっこいいな~、社長。色々あってこの全てを受け入れるかのような人格がはぐくまれたというわけですね。

WS000054

建物や木の背景から一転して、青空に。宮森の心象をあらわしていますね。

SHIROBAKOはこういう演出もなかなかいいですよ。機会があれば見直してみるといいでしょう。

自分の行き先が見えなかった宮森に確たる夢が生まれましたね。感動的なシーンです。

WS000055

鬼がいる。鬼がいるで~。

WS000056

髭仙人、子供のいいわけをするの巻。

快諾と言っちゃうあたり、矢野さんもいい性格していますね。

WS000058

多すぎる。これはお腹いたくなっちゃうわ。

WS000060

「自分の進む先が最初から見えていたわけじゃないんだ。気がつくといまここにいる。ただ、それだけ」

かっこいいな。やっぱりおっさんがかっこいいアニメはいいですね。

おいおい、散々おっさんたちの青春話とかかっこよさとかを描写した後にこれを流すとか反則過ぎるだろ。まさか、杉江三日伝説が見れるとはね。

今回も濃かったですね。

おっさんたちの過去について描写するのももちろんいいですが、宮森の迷いに答えが出たというのも印象的でした。

アニメーターとしての手の遅さで悩んでいた絵麻から、問われた将来のこと。目の前のことに手一杯の宮森は答えることができなかったわけですが、今回で答えを得ることができましたね。

名作アニメを生み出す。いい夢ではありませんか。

どこかで回収するだろうなとは思っていましたが、こういう風につなげるとは予想外。芸術的なつなげ方だ。

翻ってみればこのSHIROBAKO。お仕事アニメとしての側面はもちろん、宮森の成長物語としてみることも出来るわけです。

数々の困難と向き合い、葛藤し、乗り越え、大事なものを見つけ出す。根本的には神話ですね。

そろそろ終盤ですが、シリーズとしてどういう結末をつけるのか今から楽しみです。ずかちゃんの活躍はまだかな。

知らないと損する!フィギュアを高く売りたいときに欠かせないサービス

違法動画サイトは見るな!見逃したアニメを公式サイトで無料視聴する裏技

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ